副業をするときのマインド

副業をするときのマインド

副業をする目的は、一人ひとり違います。たとえば、生活費の足しになるお金を稼ぎたい、趣味程度になにかやってみたい、大きく稼いで独立したい、など、人によってさまざまです。

そうすると副業となるといちばん重要なのは、これらの目的を最短距離で達成するにはなにをすればいいかということになります。

例えば、将来的に大きく稼いで独立したい人が、なんのスキルもつかない副業をしても、無意味です。一方で、日々の生活費の足しになるお金を稼ぎたい人が、初期投資のかかる副業をするのも、現実的じゃないですよね。

つまり、副業は、一人ひとりが自分の目標や目的に合わせて選ぶ必要があります。それなので副業を選ぶときしてはいけないことを考えてみました。

間違った副業をしないためには

ネットには副業の情報があふれていますが、最終的には自分の目標や目的が達成されるかという視点で、自分で考えることが大切です。

目的が達成されない副業は、どんなものであれ、おすすめできません。

考えるヒントを早速みていきましょう。どちらかという副業していて意味のないことを中心にします。

赤字になって損をしてしまう副業

報酬を手にするまでにお金が必要な副業は、リスクが高いため注意が必要です。

たとえば、不動産や株式投資などは、ある程度稼ぐには大きな資金が必要なため、失敗したときのリスクも大きくなります。そのほか、赤字が発生するリスクがある副業には、投資全般、開業、せどりなどがあります。

もちろんリスクを理解したうえで、計画的に実行する場合はよいのですが、知識がないまま大きな資金を投入することは、危険だと心得ておきましょう。

単価が安い副業

副業で募集されている仕事には、単価が安すぎるものもあるので、注意しましょう。

たとえば、データ入力など、出来高払いで1件あたりの単価が安すぎる場合、実際仕事をして得た収入を時給換算してみたら、最低賃金を下回る時給しか稼げていなかった、ということもあります。

案件の単価が安すぎないかどうかを判断するには、複数の求人サイトやクラウドソーシングサイトを見て、報酬単価の相場を知ることが重要です。

単価が低くても、新しい仕事に挑戦したい場合や、経験を積みたい場合、自分の好きなことを副業にできる場合には、もちろんおすすめできます。

単価が安すぎる場合には、経験を積むためなど、目的を明確にして取り組みましょう。

TOPページを見る