返金保証がある理由は?

返金保証がある理由は?

最近見かけるようになってきた返金保証制度。特にネットショッピングを利用する際にみかけるようになってきたと思います。

しかし、返金保証を導入するということは、一度支払ったお金を返すことになるので、売り上げが減る可能性もあります。

そのため、運営者にとってはあまりメリットがないのではと思う人もいるかなと思います。しかし、返金保証は運営側にもメリットがある制度なのです。

フランチャイジーも導入しているのはどうしてなのか見ていきましょう。

返金保証とは?

返金保証制度とは、顧客が商品やサービスにお金を支払ったあと満足いかなかった場合、顧客から運営へ申請することで支払ったお金を全額返金するという制度です。

返金保証制度は、商品やサービスを提供しているすべての運営者が導入しているわけではありません。

返金保証を実践しているのは、一定以上の効果が出ることを前提に商品やサービスを提供している運営者に多い傾向です。即効性の効果が見えにくく、効果に個人差があるのが特徴となりますね。

ではどうして返金保証をしているのでしょうか?

成約率が上がる

サイトを訪問した消費者がどれほどの割合で購入・申し込みをしたかを数値化したものがあります。なぜ、返金保証を導入することにより成約率が上がるのでしょうか。

その理由は、返金保証は運営が提供する商品・サービスに自信があるというイメージを消費者に与えるからです。

返金保証という制度をアピールすると、それを見た消費者は「返金してもOKということなら、よっぽど商品に自信があるのだろう」という印象を持ちます。

そのような効果により、その商品やサービスを提供している企業が無名であっても「返金しても大丈夫なら、買ってみても良い、試してみていいのかな」という気持ちを、消費者に持たせることになるのです。

購入してみて、自分にしっくりこなかったら返金してもらえれば良いという仕組みが、商品・サービス購入の敷居を低くさせ、結果的に成約率アップへとつながります。返金保証は、消費者への信頼度を獲得する効果があるといえるでしょう。

不満を抑えられる

顧客のなかには、自分の望んでいたものとは違うと不満を言う人もいることでしょう。消費者が、自分でお金を払った商品・サービスに対し少しでも不満の気持ちが生じてしまった場合、その不満をSNSで発信する人もいます。

返金保証制度を導入していれば、それだけで消費者に不満があった場合でも誠実に対応する努力をしているというイメージを表現できますね。

TOPページを見る