権利収入を詳しく知るには?

権利収入を詳しく知るには?

フランチャイジーの鍵でもある権利収入。これはいったいどういうものなのでしょうか?

名前だけ聞いているかもしれませんが、どういう意味かわからないと思います。

稼ぐためにはそんなに詳しくわかっていなくても問題ないのですが、わかっていたほうがどういう仕組みなのかよりわかるはず。

ここでは権利収入について説明していきましょう。

権利収入のいいところは?

自分の時間をお金に変えて得る収入を労働収入といいます。労働収入では、働いた時間の分だけが収入になります。

一方、権利収入は、労働による収入ではなく、自身が所有している権利を利用して得られる収入です。また、仕事をしていない間も継続的かつ半自動的に生み出される収入でもあります。

労働収入を得る人には、会社員・公務員・派遣社員・アルバイトなど普通の労働者だったりしますね。

一方、権利収入を得ている人は、起業家・オーナー・大家さん・投資家などです。

それではこの権利収入というのはどういうところがいいのでしょうか?

メリット

権利収入を得られる仕組みさえあれば、万が一、離職などにより働けなくなったとしても、生活費を得られます。

得られる収入は労働収入でありながら、有給休暇や福利厚生などが付与される会社員を続けながら、副業として権利収入を得られるのが理想です。

また、権利収入が収入源である人は、時間を切り売りする労働が必要ないため、自由な時間を持つことができるのが最大のメリットといえます。

デメリット

権利収入を得るための方法にはいくつか種類があります。また、実践する方法の選択を誤ると収入には結びつきません。

また、収入が発生するまでには、大量に勉強したり、長い時間がかかることがしばしばです。

収入に結びつかないこともあるため、労働収入と比較してリスクが伴います。

それに投資などでは失敗する可能性もありますし、お金がないと無理な場合もあります。

権利収入のまとめ

まったくの個人から収入を上げようと思えば、他の誰かにとって役に立つスキルが必要になります。そうすると先行で努力している人に負けてしまいます。

それに労働で稼ごうとなると時間の壁があるので、限界が出てきますし、やっている仕事によって限界もありますしね。

そんな中で予め作られているところで権利収入を手に入れるというのは理に適うことです。

フランチャイジーもその仕組みを採用しているのでやればやるほど稼げます。

TOPページを見る